なぜ、自己啓発本は同じようなことしか書いていないのか??

台湾一人旅

こんにちは、りおなです

 

皆さん、自己啓発本は読みますか??

 

自己啓発本とは?
主に人生について取り扱う分野で、人間の能力向上や成功のための手段を書いた本のこと(Wikipediaより)

 

私は今まで自己啓発系の本は沢山読んできました

 

その中で、ふと思ったんです

 

あれ、これ前の本でも言ってたくね??? 

 

それは間違いでないんです、たしかにどの本も表現が違うだけであって本質的なところは同じなんです

 

ー継続しなさい

ー小さなことから少しずつ、今すぐ行動しなさい

ー感謝しなさい

などなど、、、、だいたいこういうことが書かれていますね。で、こういうのって何も真新しいことはなくて、全部当たり前すぎることが書いてありますよね。

 

 

 

一度気になると、なんで??を極めたくなってしまいます

 

今回も、思いました

 

じゃあなんで、自己啓発本は同じこと書かれてんの????

 

と。

 

考えた結果、ひとつ明確な答えがでてきました

 

当たり前のことが出来ない人が多いから

めんどくさい

どの自己啓発本も言ってることが同じだといいました。

 

そして、その言っていることというのに新しいものはなく、当たり前のことばかりだと。

 

つまり、当たり前のことが成功には必要不可欠なのですね

 

ではなぜ、当たり前のことを書いた、同じような内容の本が売れるのか?

 

それは単純に、当たり前のことができない人が多いからです。

 

だって、みんな当たり前のことを出来ているなら、「あたりまえのことばかり書いている同じ内容の本」は売れないはずじゃないですか??

 

当たり前のことができていない人が多いから、表現の仕方を変えて著者は何度でも本質的に同じことを繰り返します

 

当たり前と思うようなことが、一番の成功への近道なんやで。

と。

 

自己啓発本はガソリンスタンド

ここで勘違いしてほしくないのは、私は当たり前のことが出来ないのが悪いとは言っていないことです

 

当たり前のことができないのも仕方のないことです

 

人間は忘れる生き物なので

 

当たり前のことって、身近過ぎて忘れます

 

なので、同じことをいろんな表現で書かれた自己啓発本をリマインダーとして読むのです。

 

そこでエネルギー補給して、当たり前の大切さを再認識したらまた走り出せばいいのです

 

自己啓発本はガソリンスタンドです。大事な当たり前を思い起こさせるためのエネルギー補給場所です

 

詳しい記事はこちらに書いてあります↓

オランダマーストリヒトの景色」

自己啓発本って、ガソリンスタンドでしかないの

2020.06.13

 

 まとめ

 

どの自己啓発本も当たり前のことばかりの同じ内容でしかない理由は、当たり前のことが出来ない人が多いからということ、そして人間忘れる生き物だから仕方のないことかもしれない。だからこそ、自己啓発本を人生のリマインダーと捉えるべきだとお話ししました

 

私はただ本が好きなのでこれからも自己啓発本は読み続けると思います

 

自分のエネルギーの源として、うまく利用していきたいです

 

今日も最後まで読んでくれてありがとうございました

あわせて読んでほしい記事↓

オランダマーストリヒトの景色」

自己啓発本って、ガソリンスタンドでしかないの

2020.06.13

 

そーたからのコメント

行動すること、継続すること、感謝すること。この3つは本当に大事で自分の人生が大きく変わったのはこの三つがしっかりとできていた時だなと思います。

そして失敗したり、人からの信頼を無くした時はこの3つが出来ていなかった時だなと感じます。りおなも言っていますが人は忘れてしまう生き物だからこそ、定期的に読書をする時間を作り、自分の行動を振り返り人として成長していきたいな―とこのブログ含め、本を読んで思い出しまし。

行動し、自分の人生にいいと思ったことを継続し、周りの人に感謝しながら生きていきたいです

 

 

台湾一人旅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です