【なんで?】気付いたらミニマリストになってた私のお話

こんにちは!りおなです

 

私は、ミニマリストです

 

プロフィールにも書かないし、あまり声を大にしていったことがないので知らなかった人も多いかもしれませんが、実はミニマリストなんです

 

ミニマリストって??
モノを極力持たずに、必要最低限のもので生きていく人のこと

 

今回は、私がミニマリストとなった経緯と”少ないモノで生きていく”ことで変わった人生観をお話しします

 

この記事はこんな方にオススメ!
ーミニマリストってなんだろう?という方
ーミニマリストになった経緯を知りたい方
ー”少ないモノで生きていく生活”がどのようなものか知りたい方

 

ではいきましょう!!

 

きっかけは、年一回の引っ越し生活

私は大学生になってから、最低年一回は引っ越しで環境が変わっています

 

2017年 4-7月 実家
2017年8月から2018年7月 シェアハウス※1
2018年 7月ー8月 実家
2018年8月ー2019年8月 オランダ(シェアハウス)※2
2019年8月ー2019年11月 実家
2019年11月ー2020年10月 シェアハウス
2020年11月現在 実家

 

※1 詳しい話はこちらから

 

※2 詳しい話はこちらから

 

・・・年一以上引っ越ししてました(笑)

 

実家と、シェアハウスを行き来、ときには国を超えて4年間過ごしてきました

 

なぜ引っ越しがきっかけなのか?

 

目まぐるしく移動する中で、自然とモノが少ないほうが移動が楽だったからです

 

ほんとにそれだけの理由です

 

今、もの買ったとしてもどうせ次引っ越しするときに荷物になる→なら、モノは少なめに持っておこう

 

実際、オランダから日本に帰国した時も大きなスーツケースを1個、小さなスーツケースを一個、そして機内用のリュックのみでした

 

荷物の郵送はいっさいしていません。スーツケースの中には家族や友だちへのお土産もスーツケース半分くらいに入れてました(笑)

 

このように、自然と少ないモノと暮らしてきたので、自然と自分の部屋にモノが少ない状態となっていったのです

 

「ミニマリスト」に抵抗があった自分がミニマリストだと気づいた瞬間

 

このように、引っ越しが多い関係で、必然的に持つものが少なくなり、気づいたら、いわゆる「ミニマリスト」というものになっていました(笑)

 

引っ越しがもたらした、無意識ミニマリストです(笑)

 

でも、ミニマリストってきちんとした定義がないじゃないですか。「リビングに大きな家具が3つしかなければ、ミニマリストです」とか、そんながっちりした定義がないじゃないですか

 

「定義は人それぞれ」なんですよね。だからこそミニマリストになりきれてないだとかどうかとかで物議をかもしているのをネット上でよく見ていたので「ミニマリスト」という表現に個人的にいいイメージを持たなくて。

 

ですが、「あ。私ミニマリストなのかも」と気づいた瞬間があります

 

もちろん、私の自分自身の判断です

 

先程の私の引っ越し歴の表に「現在・実家」とありましたよね

 

そうです、今は実家に住んでいるのです

 

2020年10月31日に名古屋のお家をさよならし、実家に帰ってきました。

 

スーツケースなど置いた実家の自分の部屋を見てゾクゾクしました。

 

モノが多すぎる。。。。

 

今まで、最小限必要なものだけで過ごしてきたので、モノが多い状態が心が落ち着きませんでした

 

I SERIOUSLY freaked out の日本語のニュアンスがわからないですが、

 

本当にきゃあああああ!!!!!!!と発狂しそうなぐらいに、落ち着きませんでした

 

引っ越したその日はあまりにも疲れたので、そのまま寝ました

 

次の日、お部屋の大改造が始まりました

 

自分の部屋に、「不必要なもの」が意外にもたくさんあって驚きました

 

昔、インテリアのために買った小物もかわいいけど使わないので捨てました

 

少しずつ片づけを進めていく予定でしたが、その日一日ですべて片づけを終えました

 

残ったのは、ベッド・ハンガーラック・机・ベッドサイドテーブル・ランプのみでほかのこまごましたものや家具は捨てました

 

横には断捨離で出た、大量のゴミ。(もともと部屋は足場がないほど汚いようなところではありません)

 

本当に好きなもの、必要最小限のものだけになった部屋を見て心がすーーーーっと落ち着きました。ようやく。(笑)

 

わたし、ミニマリストかもしれんわ

そのとき、そう確信しました(笑)

 

実は、過去にも何回かそう感じる出来事があったのですが今回が決定的でした

 

私が、「ミニマリストかも」と思った瞬間。それはモノが多いと感じた瞬間の心のざわめき、そしてすっきりした時の精神の安定感をかんじた瞬間です

 

 

少ないモノで、生きていく生活

名古屋に住んでいた時に私の部屋に来た友達やそうたに口をそろえて言われました

 

モノすっくな!!!!!

 

ってね(笑)多分、昔の私が今の部屋の状態を見てもそういうと思います(笑)

 

でもね、モノが少ないといいことがたくさんあるんです

 

以下にまとめてみました

 

常に部屋を綺麗にしておきたいと思える

 

モノが少なく、部屋がきれいな状態だとその状態をキープしておきたくなるんですよね

 

悩んでいる人
でも、部屋を片付けてもまたいつのまにか汚くなってるんだよねえ。。。

 

それは中途半端に片づけているからです!!!

 

私も、昔はずっとそうでした。

片づける→汚くなる→掃除したい気分になるときが急に来る(テスト前とか(笑))→片づける→結局汚くなる。。。。

 

この繰り返しでした

 

そうなることに共通して、片づけが中途半端であることが挙げられます

 

まだもったいないから、使ってないけどとっておこう。

片づける場所が決まってないけどとりあえずここに入れておこう。

 

これが、負のスパイラルを及ぼす原因となります。

 

断捨離するなら、徹底的に。

 

片づけたい人
でも、どうしても捨てるか決めきれないのよ。。。

 

わかります。。。私もたまにあります。

 

そんな時は「迷い中BOX」にいれましょう。

 

暫く経っても使わないようであれば、それは捨てても良いです

 

しかし、そのBOXには「期限」を設けましょう。その設けた期限を過ぎても使わないのであれば、思い切って捨てるのです。

 

捨てにくいものとして、「思い出品」がありますね。他人からもらったプレゼント。私は、アルバムや大事なお手紙はかけがえのないものなので捨てません。

 

しかし、「消費できないもの」に限っては捨てることがあります

 

そんな時は、「あのとき喜ばせてくれて、ありがとうね」とモノに感謝してから捨てます

 

その時の記憶が大事ですからね。

 

私も、台湾に一人旅に行ったときに買ったピアスを片方無くしたので、もう片方を捨てる選択をしました。初めての海外一人旅で買ったものには、思い入れがあります。ですが、一個あっても日常的に使うことはないので、捨てることにしました。たくさん身に着けたピアスでした。「いっぱい楽しませてくれて、ありがとうねえ」と言って、さよならしました!!

 

モノはしゃべることはありませんが、モノに対しても、ありがとうと感謝することって大事ですよ。

 

掃除が楽

部屋がきれいだと、単純に掃除が楽です

 

主婦の方ならよくわかるかもしれません。

 

掃除機かけているときに、あっちやこっちにモノがあると邪魔じゃないですか?

 

きれーーいな状態を保っておくと、掃除が楽。時間短縮に大きく貢献します

 

モノがどこにおいてあるか、一目瞭然

そもそもモノが少ないので、どこに何が置いてあるか把握しやすいです

 

そうするとどうなるのか??

 

あれがない、これがない!という超絶ストレスがたまるかつ無駄な時間が無くなります

 

これ、結構でかくないですか???

 

モノのお家を事細かに決めておくことは無駄な時間をさけるためにも、非常に重要なのです

 

 

大好きなモノ、本当に必要なモノだけに囲まれる

 

不必要なものを捨てていく。

 

そうすると何が残るでしょうか??

 

必要なモノだけになります

 

自分の本当に必要なもの、大好きなモノだけの生活になります

 

好きなモノだけに囲まれると、ハッピーな気持ちになります

 

好きなモノしかないですので、「どうでもいいもの」は一つもありません

 

すると、「大切にしよう」と思います

 

そう、ものを大切に丁寧に扱えるようになるのです

 

あなたも、本当に好きなモノって大事にしますよね?雑に扱ったりしないですよね?

 

そういうことです。

 

心がスッキリ、精神も安定!!

 

部屋がきれいだと、自分の心もきれいに掃除された気分になります

 

大好きなモノだけに囲まれていると、自分もハッピーな気持ちになります

 

部屋の状態と精神状態は比例しているのです

 

ネガティブオーラ漂う人の部屋をみてみてください。

 

汚いです。

 

おわりに

ミニマリストを布教しているわけでありませんので、ご安心を。(笑)

 

モノが少ない快適さを知ってしまった私は、一生この沼から抜け出すことはできないでしょう。

 

将来、そうたと一緒に住んでもすっきりとした部屋に住むと思います(笑)彼は、私がモノが散乱しているのに敏感なのを知っているので、自分のモノを部屋に散らかしていると、「りおなに捨てられるウ!!!!!!」といって焦って片付けています(笑)とてもおもしろいです

 

将来どんな家に住むかな?それもたのしみですね。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

 

そうたからのコメント

りおなの影響をかなり受けているそーたです

僕も元々ものに執着していなくて、服も全然買わない人間でした笑

ミニマリストにあこがれ、人と比べたら持っている服は少ないけど、この前服をかなり捨てました笑。ものにあふれていると疲れます。心に余裕を持たせるためにも、捨てるって大事なことかもしれませんね

スマホのアプリ、通知、部屋のもの、何もかもきれいにするとめっちゃ心軽くなります😀

やってみてください!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは、りおなです!一人旅が好きでよくフラーっと出かけたりします。一年間オランダ留学をし、ヨーロッパを周遊。旅の楽しさを発信します!