【シェアハウスとは?】3年シェアハウスしてきた私がオススメする理由

こんにちは、りおなです

今回は大学入ってから約三年、シェアハウスを経験してきた私がそれについてちょいと話そうかなーって思います!

 

シェアハウスとは?

そもそもシェアハウスとは、簡単に言えば

家族以外の人と同じ屋根の下で暮らすこと

一緒に暮らす人が、友達だったり、留学生だったりになります

 

私のシェアハウス歴

私は大学一年の夏から大学四年の今に至るまで、ずーーーっとシェアハウスしてきました

 

そんな私のシェアハウス歴

  • 大学一年~二年夏まで 大学が斡旋する、留学生とシェアハウスする寮で、一年間のうちにイギリス人中国人ベトナム人ブルガリア人とシェアハウス

 

  • 大学二年夏~三年夏まで 留学先のオランダでリビアとイタリアのハーフの子ドイツ人とシェアハウス

 

  • 大学三年秋~現在に至るまで 日本人の友達とシェアハウス

 

こうやって書き出してみると、結構国際色豊かにシェアハウス生活送ってんなあーって思います(笑)

 

シェアハウスしようと思ったきっかけ

大学が斡旋してる、留学生とシェアハウスできる寮は、実は高校の時いったオープンキャンパスの時から知ってて

外国人と暮らすの楽しそうだな~

 

ってぼんやり思ってたからです

まあ、その当時はこの今の大学行く気なんてさらさらなかったのですが。

 

で、入学してシェアハウスしようって決心したのは

1.大学が家から遠すぎたから

→片道2時間半、往復約5時間かけて通学してました、、、最初は費用がかさばるからと自宅通学してたけど、朝の通勤ラッシュで学校行くだけでかなり疲れてしまってた

 

帰りの電車は疲れすぎて気絶する毎日でした。もう一生したくありません

 


2.通学の空白の時間を有効活用したかったから

→行きの電車の中はまだ朝ということもあり何かする気にはなるけど、帰りの電車の中は気絶

寝て、気づいたら最寄り駅着いてる感じでした

 

そんな時間が勿体無いと思いました

 

3.外国人と暮らしてみるっていうことへの好奇心、親元を離れて暮らして少しでも自立した人間になりたい

 

→なんだかんだ言ってこれが一番の理由です。国際的な場が好きだから、外国人と暮らすのってどんな感じなんだろう?っていう、ただ純粋な好奇心憧れ自立したいっていう気持ちがありました

 

っていう3つの想いがあったからです

 

それでも最初はシェアハウスするか渋った

この3つのシェアハウスしたいって思うがありつつも、たった一つその選択を迷わせるものがありました

 

それは、犬と離れて暮らすことです

 

私、実家で犬飼ってるのでるが、離れて暮らすことが悲しかったです

犬の生涯って人間とくらべるとかなり短いです、その一緒におれる時間を一人暮らしによって大幅に割くことになっちゃうから、それが心残りでした

 

でも結果的にもう三年も実家離れて暮らしています。それには一人暮らし(シェアハウス)することで得たいい面があったからです

 

シェアハウスのメリット①自立できる

 

月に働いた分をいくら、何に使うかのお金の計算したり、

洗濯物、料理、ゴミ出し、掃除などの家事をこなしたり

しまいには、どのスーパーが何曜日、何が安いのかやけに詳しくなったり、(笑)

 

もはや、主婦(笑)

 

生きるために必死になれます。自分のことを自分で管理するから、実家暮らしよりも自立できます。

 

シェアハウスのメリット②一人暮らしより寂しくない

一人で暮らすこととの、大きな違い

 

「おかえり」といってくれる人がいること、話し相手がいること

 

ルームメイトがいない時もあるけど、帰ってきたとき電気がついてておかえりーって言ってくれる人がいるだけでも孤独感はだいぶなくなりますね

 

家で誰か、おしゃべりする人がいるっていうことがいかに幸せなことなのかを知れます

 

一人暮らししてる人なら、わかるはず

シェアハウスのメリット③家族の大切さを知る

なくなってから、その重要性を知るみたいなこといいますよね

 

まさにそれで、十何年間家族と一緒にいてそれがあたりまえと思ってしまってたけど離れてこそ、その大切さを知れました

 

ぱっと思いつくのはこの三つです

トラブルは起こってなんぼ。大事なのはどう乗り越えるか

 

シェアハウスしてますって話すと、十中八九聞かれるのが、

なんか問題とか起こらないんですかー?

 

って質問ですが、

 

起こるに決まってる!!(笑)

 

家族と住んでてすら、たまにストレスになることだってあるじゃないですか。

 

初めて共に生活する人とストレス皆無なわけがない(笑)

 

生活リズムだって違えば、掃除、モノの価値観、そして外国人なら文化すら違います

 

でも、

 

衝突するのはいいことですよ。

 

そこからお互いをより深く知れるし、もっと他人を尊敬できる人間になれるし、やっぱ一番苦労した子ほど今でもずっとつながってます。避けて通れない壁と真っ向勝負する強い精神を培うことが出来ます

 

実家暮らしなんかより、

大変だし

楽じゃないし

”困難な道”ではあるけど私がシェアハウスという選択をとり、続けている理由。

 

その代償として、一人の人間として大きく成長できるからです。

 

将来、学生のうちにやっておいた方がいいことって何ですか?って聞かれたら

シェアハウス

って答えようかな(笑)

 

もし、これ読んでる人でシェアハウスしてみたいって人いれば絶対した方がいいです!!

 

最後まで読んでくれてありがとうございます

 

 

そうたからのコメント

シェアハウスの先輩ですね笑

衝突することはいいことって言えるのがすごいなって思いました。自分もシェアハウスをしていた時にたくさん衝突してきたことあったし、その時は衝突しなきゃいいのに、、、ってネガティブに考えていました。

自分と違う人と住むって衝突するのって当たり前なんですね、だからこそ乗り越えることの大切さを知りました。今シェアハウスしてる人、これからしようとする人、全員に読んでほしい記事だなって思いました!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です