EWIN Bluetooth ワイヤレスキーボードを徹底レビュー!

EWINワイヤレスキーボード

こんにちは、りおなです

 

筆者はあまり物欲のない人ですが、最近購入したBlue-toothのキーボードがあまりにも使い勝手が良かったので今回はそちらのレビューをしていきたいと思います

 

実際、私が使用しているキーボードはこちらのEWINのキーボードです

 


特徴

EWINワイヤレスキーボード

EWINワイヤレスキーボードの特徴を箇条書きで簡単に紹介します

 

✓3台マルチペアリングで同時に3台のデバイスと接続可能

✓タッチパッド搭載

✓折り畳み式でコンパクト!重さはたったの320g!

✓省エネデザイン:10分間操作しない場合、自動的にキーボードがスリープモードに。

スタンバイ時間220h・連続使用時間60h・充電時間1.5hというパフォーマンス力の高さ!

 

つづいて、個人的に感じたEWINワイヤレスキーボードのメリットを消化します

 

EWINワイヤレスキーボードのメリット①軽い

EWINワイヤレスキーボード

とにかく軽くてコンパクト!!

 

重さはたったの320gなので、荷物が重くなるのを極力避けたい筆者にはぴったりです(笑)

 

また、両サイドをパタッとたたむことが出来るのでどんなカバンにもすっぽり入ります

 

折りたたんだ時の大きさは、なんと横幅15cm・縦9cmほど!!

 

とっても小さいのです

 

それなのに、右側にちょこんとタッチパッドがあるなんて便利すぎます

 

とにかく軽い!持ち運びに便利!

これが、1つ目のメリットです

 

EWINワイヤレスキーボードのメリット②接続が簡単

 

Amazonのレビューを見ていると、時たま「Blue-toothを毎回接続しなければならない」と書いている人がいたので少し不安だったのですが、実際接続してみるとそんな不具合は一切生じませんでした

 

最初に初期設定をしておけば、キーボードの電源をON➡ボタンを押して接続 するだけですんなりとBlue-toothにつなげることが出来ます

EWINワイヤレスキーボード

Fn+A、Fn+S、Fn+Dで3台同時で接続が可能

 

 

最初さえ、Blue-tooth設定を終えればあとはパソコンでの設定は一切不要なのでとっても便利です

 

もちろん、パソコンをWi-Fiに接続していなくともBlue-toothをつなげてキーボードを使用することもできます

 

ということで、2つ目のメリットは接続がとっても簡単でした

 

EWINワイヤレスキーボードのメリット③タイプ音が静か

EWINワイヤレスキーボード

パソコンのタイピング音って、好き嫌い別れますよね。

 

筆者はレトロなパソコンのタイピング音は好きですが、ノートパソコンのうるさいタイピング音はとても苦手です

 

EWINのワイヤレスキーボードは、ノートパソコンよりのキーボードですが、音がうるさくないのです!!

コトコトコト…と、音がしなくはないのですが耳につくような大きな音はしないです

 

自分でタイピングしていても心地よいですし、周りが聞いてもうるさくて集中できないなんてことはなさそうです

 

3つ目のメリットはタイピング音が静かでした

EWINワイヤレスキーボードのメリット④充電が長持ち

 

とにかく充電のもちが良いのです!!

 

4-5時間、ずーっと使いっぱなしでも充電が切れそうになったことが一回もありません

 

それもそのはず、連続使用時間は60時間と驚異の長さ!!

 

連続で60時間もタイピングする人なんて、そうそういないと思うので充電のもちに関しては心配することはないのかと思います

 

また、キーボードは電池式でなく充電式です

 

そのため、電池を持ち運ぶ必要も電池を切らす心配もいりません

 

夜、寝るまえにコンセントにさして充電しておけば、翌朝充電満タンになってくれます

 

4つ目のメリットは、充電のもちが最強なことでした

 

続いて、EWINワイヤレスキーボードのデメリットを紹介していきます

実際使用してみての感想ですので、参考にしていただければ幸いです。

 

EWINワイヤレスキーボードのデメリット①大きさの小さいキーボードがある

EWINワイヤレスキーボード

コンパクトさを重視した結果、いくつかのキーボードが通常の大きさよりも小さめのものがあります

 

まず一つ目が、TVのキーの大きさです

 

下の写真をご覧ください↓

EWINワイヤレスキーボード

他のキーより若干小さいですよね

 

もう一つは、Enterキーの大きさです

 

こちらも写真を撮ってみたのでご覧ください

EWINワイヤレスキーボード

通常のEnterキーよりも小さめですね

 

このように、キーの大きさが小さい点がありますがそこまで不便に感じるほどではありませんでした

 

Enterキーが大きい方がいい!!って人は満足しないのかもしれません(笑)

 

デメリットその①キーが通常より小さなものがちらほら

EWINワイヤレスキーボードのデメリット②ほかのノートパソコンと操作が特殊な部分がある

 

こちらも、コンパクトさを重視した結果なのかもしれません

 

通常のキーボードよりも操作が若干違う部分が多々あります

 

例えば、Fn+Zでマウスの左クリックの役目を果たします

EWINワイヤレスキーボード

Fn+Xで右クリックです

 

このように、若干特殊な操作があるので最初は少し戸惑うこともあるのかもしれません

 

EWINワイヤレスキーボードのデメリット③かわいさには欠ける

EWINワイヤレスキーボード

機能性には長けるEWINワイヤレスキーボードですが、かわいさはあまりないですね。。。(笑)

 

スタイリッシュなものがいい方はピッタリなのかもしれません

 

筆者は最初、キーボードが丸くてベビーピンク色で…といったかわいげのあるワイヤレスキーボードが欲しかったのですが、結局機能性に長けた王を選びました(笑)

 

かわいい方が確かにテンション上がるのかもしれませんが、それで機能面において欠陥があればストレスになり、意味ないですよね。

 

EWINワイヤレスキーボードを使用していて、機能面に不満に思ったことは一つもありません

 

かわいさをとるか、機能面をとるか、個人次第ですね(笑)

 

デメリットその③機能面には長けるが、かわいさには欠ける。

まとめ

EWINワイヤレスキーボード

実際にEWINワイヤレスキーボードを数か月間、毎日使ってみての感想でした

 

軽さや持ち運びを重視した代わりに、操作が特殊だったりキーボードが小さかったりする部分もありますが、不便と感じたことはありませんでした

 

また、パソコンへの文字の反映が遅いなんてことも一切なく、毎回スムーズに使えているのでストレスフリーです

 

Amazonの評価を見てもマイナスな評価はほとんどありません

 

Blue-toothの接続が毎回切れるともありますが、稀なケースなのではないでしょうか。

 

最近購入してQOLが上がったと心から言える商品です

(買ってくれたのは筆者の親でしたが(笑))

 

 

ワイヤレスキーボードの購入を検討している方は、ぜひともEWINのキーボードを候補のうちに入れてみてはいかがでしょうか?

 

では、本日も最後まで読んでくれてありがとうございました

EWINワイヤレスキーボード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です