【淡路島一周】カップルでヒッチハイクしてみた DAY1

ヒッチハイクで淡路島一周した写真

こんにちは、そうたです!2020年2月10日~2月13日まで、名古屋からヒッチハイクで淡路島に行き、ヒッチハイクで淡路島を一周した話を書いていきます!

 

旅をする前

 

2月の初めにバイトのシフトで10~13日が空いて暇になってしまったから、行こう!となりました

(私はわざわざバイトのシフトを削ったんだからな!by りおな)

 

りおなと長期の旅をしたことはなかったので、りおなを誘ってみたら、行こう!って言ってくれて旅に行くことが決まりました。

 

どうして淡路島なのか?

 

たまたまです。笑

 

 

最初は、広島にしようと思っていたのですが、遠かったので近場の淡路島にしました(名古屋在住)

 

ノリと勢いです笑

 

このような形で始まった淡路島一周旅。急に決まったのでお金も全然持っておらず、1人10,000円以内で済ませようと決めました!

 

いざ、出発!

名古屋でヒッチハイクするなら、おすすめは刈谷ハイウェイオアシスです。刈谷駅から無料のシャトルバスも出てるので、おすすめです!

 

※ヒッチハイクは下道よりも高速道路のSAの方が断然乗せてもらいやすいので、ヒッチハイクをするなら下道から歩いて登れるSAがおすすめです。

 

緊張と不安とワクワク

ヒッチハイクをする前はどんな人でも怖いのは当たり前

刈谷ハイウェイオアシスに着くまでこの気持ちがいっぱいでした笑。

 

ヒッチハイクは何度もやったことあるのに、彼女とやるのは初めてだったので乗せてもらえるのかなーとか不安でした。

 

まだ何も始まってもいないのに、できる・できないを判断してはいけない!と思い、できると思い込んだら次第とワクワクしてきました!思い込みってめっちゃ大事で、自分を信じるしかないんだなって思いました。

 

ヒッチハイクスタート!

愛知県の刈谷ハイウェイオアシスでヒッチハイクしてる写真

このように段ボールをコンビニでもらって名前ペンで大きく書いてスタート!!

こうやって持って立ってると、笑われたり・応援してくれたり・冷たい目で見られたりします。

 

〇笑われたときは、「段ボール持ってるだけで、人を笑顔にさせてしまった。最高だな」って思っていて

〇応援されたときは、「応援って本当に力になる!!」って思ったり

〇冷たい目で見られたときは、「冷たい目で見られたからこそ、乗せてくれた人への感謝の深みが増すなー」って考えていました

 

つまり、どんな人からでもワクワクします

 

だからヒッチハイクって面白いんだなってやっていて思い出してきました!

 

そんなことを考えていたら、一台目の人が乗せてくれました!乗せてくれた人は親子の方で大津SAまで乗せてくださいました!

 

大阪の人だったので淡路島の話を聞いたり、大阪の話をしたりと色々な話をしました。

 

せっかく乗せてくださったなら、乗せてくれた人にも、乗せてよかったと思われたいので、車の中での話はかなり意識してコミュニケーションを取ります!

 

こちらで詳しいヒッチハイクの説明を書いています!ぜひ読んでみてください!

ヒッチハイクが不安なあなたへ!!

2020.03.19

次の場所へ!

淡路島にヒッチハイクで向かっているときの写真。はたして着くのだろうかワクワクが止まりませんでした

2人でやるなら、場所を分けて書いた方がいいです!二つ書くなら、目的地と目的地に行くまでの間の場所の二つを書いていくとよいです

 

今回で行ったら写真のように、淡路島(淡路鳥になってます笑)とその手前の神戸を書きました!

 

写真を撮っていたら、話しかけられ二台目の方に乗せてもらいました。この方がかなりクレイジーでベトナム人ぎゅうぎゅうの車の中に乗せてもらいスピードが速かったです(笑)

 

あまりの運転の粗さに死ぬかと思いましたがなんとか生きれました。宝塚北SAで降ろしてもらい、少し休憩しました。

 

運命の出会い

休憩して、スタート。いろんな人に話しかけてもらいましたが、淡路島に行く人はここからだと少ないし、いないんじゃないかなって言われたりしました。。。

 

どうしよう。。。ってなってたら、一人の男性が話しかけてくれて、「広島に帰るけん、淡路の手前のSAまでなら行ってあげるよ」って乗せてくれました。

 

この方が面白い人で、本業はトラックの運転手で副業として車のバイヤーをやってたり、とにかく車が好きな人でした。乗せてくれた車も内装がタクシーで、タクシーの改造車でした。

 

自分たちの関係のこともステキと褒めてくれたし、せっかくだからと言って瀬戸大橋を渡って、淡路島に連れて行ってくれました。

瀬戸大橋で淡路島に来る前に見えた夕日

瀬戸大橋を渡ったちょうどその時に、夕日が見えました。

 

感動しすぎました。その時に、この男性が一言

 

「こんな性格やから人に騙されることもあるけど、信じる心は忘れてはいけない」

と言っていました。

 

この言葉がかなり刺さりました。人のことを信じることの大切さを教えてもらいました。

 

そしてとうとう淡路島につきました!!!!

お世話になりましたし、本当にこの方がいなかったら淡路島には来れませんでした。ありがとうございました。

 

*写真をブログに使用することは許可を得ています

 

淡路島到着!!!

愛知から出発してヒッチハイクで淡路島に着きました!

6時くらいに淡路島SAに着き、感動したのは束の間でこれからどうしようってなりました笑

 

宿は決めてないし、宿に電話したらヒッチハイクで来るなら予約はできませんて断られました笑、そりゃそうなりますね

 

今日はもう諦めて、淡路島のSAで寝ることにしました。せっかくならお風呂入りたいねってなって、徒歩1時間半くらい歩いていきました、、、くたくたです

 

山道すぎて、明かりも全然なく、野生の動物もいたうえに、疲れもあったのでかなり過酷でした。

淡路島で見た満月。一生忘れられない思い出になりました

 

その過酷を打ち壊すくらいの景色がそこには待っていました。ちょうど満月(スーパームーン)の日で、満月がくっきり見えて、月明かりで暗い道も照らされていたので、真っ暗ではありませんでした。

 

新婚旅行で世界一周に行った尊敬する夫婦の言葉に、「2人でたくさんの世界を見てきたから、終わりがくるのがすごく悲しい。だからこそ、今一緒に見てるこの景色を大事に思える」と言っていて

 

その意味がとても分かりました。彼女とならどんな世界も面白くできると確信した瞬間でした。

 

お風呂で考えたこと

乗せてくれた方、みなさまの小さな選択で今の自分があるんだなと実感できました。

 

普段生きてる日常もそうなはずなのに、どこか忘れてしまっている。。だから旅をして、自分を知り本当に大切なことを確認していくんだなと思いました。

 

「やりたいなら、やればいい」を実感しました。この旅のきっかけは、ただバイトがなくなったからという理由でした。

 

バイトがなくなったことをきっかけにしたのは自分です。目の前の起こった出来事をきっかけにするのは自分次第なんだなと一日目を終えて思いました。

 

そんなことを考えて風呂から出て、また約1時間半かけて歩いて帰りました笑

SA帰ってきてソファーで横になり寝ました。笑

一日目のまとめ

旅を今までしてきたのですが、彼女と旅をするのは初めてでした。

内容を見てると彼女ついてくるの大変だね、って思うかもしれません笑

 

ついてきてるってよりも一緒に歩いてるって感じです。

 

そのことに驚きました。大変なこともありましたが、瞬時にお互いに今やるべきことを考えて、行動して旅をしてきた一日でした。

 

淡路島で夜中に瀬戸大橋を見たときの写真。ヒッチハイクで淡路島一周の旅がスタートした

夜の道で、夜景を見ながらカップラーメンを食べ、ビールを飲んだ時の写真です。

 

明日は何が起こるのかわからないけど、彼女となら楽しめるって確信した瞬間でした。

 

長い一日目を読んでくださりありがとうございました!!明日は二日目を投稿します。お楽しみにしててください!!

 

2日目はこちらから読めます!

【淡路島一周】カップルでヒッチハイクしてみた DAY2

2020.03.22

りおなからのコメント

私にとっての初めてのヒッチハイク。とても思い出深いものとなりました!なんか初日からSAで寝るなんて、アンタ普通じゃないねってそーたに言われたんだけど、ヨーロッパ旅でそこは事前にしっかりと鍛えられ済みだったから耐えれました笑

一回ベルギー の辺鄙な空港で、車のショーケース?の近くで寝てたら夜中にイカツイ黒人のセキュリティさんに起こされました笑 いい思い出です!明日の記事は私が書くのでそれも楽しみにしててください!

PS 今、半年後に記事を再編集しています、リオナです。当時の彼の日本語力のなさに添削しながらイライラしました(笑)あと、なんか上から目線な感じがイライラしました(笑)(その部分は消しましたが。) 今の、彼のブログを見てると見やすさや言葉の選び方も飛躍的に成長したなあと思いました

 

 

 

ヒッチハイクで淡路島一周した写真

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは、りおなです!一人旅が好きでよくフラーっと出かけたりします。一年間オランダ留学をし、ヨーロッパを周遊。旅の楽しさを発信します!