【富士登山】日本人なら一度は登ってほしい!!

こんにちは、そうたです!皆さんは富士山に登ったことがありますか?

 

僕は大学一年生の夏と大学二年生の夏の2回富士山に登りました。実際の富士山に登った経験談を紹介していきます。

どうして富士山に登ったのか?

富士山

 

 

富士山に登ったのは大学1年生の夏と2年生の夏と2回登りました!

 

山登りをしたことがなく(高校の時のキャンプでハイキングしたくらい)、山登りは初で、その初めてが日本で一番高い富士山でした笑

 

どうして、登ったのかというと、【興味があった】からです。

 

高校時代に図書館で勉強していた時に、勉強の合間に気晴らしに、風景の写真集を見ていました。

その時に富士山の写真があり、いつか登ってみたいなーて漠然と思っていました。

 

 

大学生になり、夏休みに何かやりたい!と思い、地元の友達2人に富士山に登りたいから一緒に行こうと誘い、計画を立てました。

 

友達を誘い、富士山へ

 

友達を誘うって自分の中では一番大切なことで、一人で挑戦をしたことがないので、いつも誰かを誘って挑戦をします。

 

友達とやることで、楽しいですし、挑戦することから逃げなくなります笑

 

1人は、家族で富士山に登ったことのある人だったので彼からたくさんの富士登山のために何がいるのかを聞いていました。

 

自分的に富士登山に特に必要なものをまとめました

カッパ 天候変わりやすいので必需です

 

登山靴 富士登山するために一番高い買い物でした。スポーツオーソリティで一番安い4000円の靴を買いました!(基本一万円以上です)

 

防寒具 夏でもかなり寒いです。防寒具がないと死にます。頂上はマイナスの世界なので

 

甘い食べ物 体を休めるのに必要です

 

酸素缶  びっくりするほど酸素無くなります。特に頂上付近は。ないときついです。 …..などなど

 

人それぞれ用意するものは違うと思いますが、特に必要なものはこの5つだと思います!

 

富士登山スタート!!

富士登山には、このように4ルートあります!初心者には吉田ルートがおすすめだったので、二回とも吉田ルートで登ったので吉田ルートについて書いていきます!

 

 

吉田ルートへ

 

五合目までは、富士山駅からバスで行けるので、バスで行きました。

名古屋から富士山駅へのバスで行き、乗り換えて五合目までバスで行く感じです!

 

五合目に到着!

 

まずは、ここで高さに体を慣れさせることから始めます。

ご飯を食べたり、準備をしたりして、体を慣らしました。一回目の時は、かなり緊張していました笑

1時間以上体を慣らして、いざ緊張とわくわくが混ざりながら、出発!

五合目から六合目

森を登る感じです!もう幻想的な世界が待っているので、ワクワクしました。一回目と違い二回目は、天気が悪く霧がかかっていました。

 

きれいだったのですが先が見えず周りも霧だらけで景色が楽しめませんでした。。

 

森の道を登ること数十分、六合目に到着!!

このように霧がかかっていました。

休憩していたら、太陽が見えてきました。きれいだなーと思ったら、ほんの数秒で景色が変わりました!!

三枚とも同じ場所で撮影したものです!!山の景色は変わりやすいと聞いていましたがこれほど変わったのは初めての経験だったので、かなり興奮しました!!!

 

テンションが上がり、また登り始めました。

 

六合目から七合目

ひたすらに、登っていく感じです。ずっと登っていくのでここから少しづつきつくなってきました。

 

持ってきてた、甘いお菓子などを食べて休憩しながら、進みました!

 

ゆっくりと日も落ちてきて、あたり一面が真っ暗になります。山小屋に泊まる人は、七合目や八合目にたくさん山小屋で少し仮眠をして、朝日を見に行くのが富士登山の普通です。

 

僕たちは、山小屋に泊まるお金がなく、弾丸登山をしたので、ゆっくり登りました笑

 

※弾丸登山は危険なので、おすすめしません。かなり疲れがくるので、できる限り山小屋に泊まった方がいいです。

七合目から八合目

崖の山道を登っていく感じです!真っ暗なので、ヘッドライトがないとかなり危ないので、ヘッドライトも必需品です。

 

風も強いときは飛ばされそうになるので、気をつけてください!

 

夜中に登っていることもあり、上を見たら180度全体に星が見え、流れ星が見え、宇宙にいるような感覚になるほど星があります。

 

そのときは初めてたくさんの星を見たので、感動しました。

富士山で食べるカップラーメンは格別です。疲れもあるし、寒いのでかなりおいしいです。感動するほどおいしいカップラーメンでした。

 

山小屋で買うことができます!一杯800円くらいとかなり割高ですが、ここで食べることに価値があるので、ぜひおすすめです!

八合目から本八合目

寒さ、酸素の薄さがかなり厳しくなってきます。

 

一回目の登山の時はかなりきつくて、全然登れませんでした。二回目は寒さの反省を生かしてたくさん防寒具を持ってきていたので、寒さにはしのげました。

 

本八合目から頂上へ!!

ラストスパートということで、温かい食べ物食べ体を温め、登ります。

 

山小屋で仮眠していた人や、違うルートからの合流地点でもあるので、かなりの人がいます。列になってるほどです笑

 

ここから、かなりきつくて、一回目は友達が動けなくなってたりしました。

 

上を見ても永遠かのように続いてる人の列を見て、何回も心が折れそうになります笑

 

けど、諦めずに

 

、ひたすらに登り続けました。

 

ひたすら登り続け、この鳥居が見えたらもう頂上です。

 

一回目は、この鳥居の前で三人とも気絶しかけました笑

 

富士山登頂へ!!

二回登った理由として、一回目は頂上で曇っていて朝日が見えませんでした。

 

なので、リベンジということで二回目を登りました。

 

二回目はくっきりと朝日が見えました!!!!

リベンジでもあったので、かなり感動しました!!

 

自然の力って壮大ですし、苦労してみる景色ほどきれいなものはありません。

感動し、写真を撮り、下山しました。

下山

富士登山って下山が一番しんどいです。

このような道をひたすら下がってきます。四時間くらいかかるので、、景色はきれいですが二回ともぶっ倒れそうになりました笑

最後に

 

富士登山の最初のきっかけはただの写真集でした。興味があることを実際にやってみようと思えたのも友達がいたからだと思います。

 

一緒にやってくれてありがとう。

 

また登りたいなと思いました。ぜひ、富士山の登山に興味のある人は登ってみてください!

 

その興味があるなら、あとは行動するのみです。きっとステキな景色が待ってます!みなさんの富士登山を応援します!

 

最後まで読んでくださりありがとうございました!

 

りおなからのコメント

私は富士山登ったことありません、てか山登りはあんまり興味なくて笑

でも、自然は大好き。あのコロコロ変わる表情は人の心を大きく動かすよね!

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

そーた

こんにちは、そーたです!大学を卒業後、リゾートバイトで働き、世界一周を目指しています! 趣味は旅、本、サウナ、筋トレです! 大学時代にアメリカ横断・ヒッチハイク日本縦断・海外ボランティアなどをしてきました。 本は、月に2~3冊ほど読んでいます、筋トレを愛しています!