【淡路島一周】カップルでヒッチハイクしてみた DAY4

こんにちは!りおなです

 

今回は淡路島一周旅、最終日の4日目の記録です

それではどーぞ!

 

2/13 ヒッチハイクスタート!!

この日も朝はゆったりめの8:30起床

朝ご飯をそこらへんでてきとーに食べて、今日も今日とてヒッチハイク

 

今日の目標は名古屋まで帰ること

 

もう難関乗り越えた私たちは余裕やと思いました(笑)

 

が、しかしまた違う困難が。

私がお腹壊して死にそうでした(笑)思えばこの四日間、バランスが偏った食事ばかりで慣れない食生活に体がついてけなかったんだと思います

 

旅してる時こそ、食事に気をつけないとなと痛感。

幸い私は念のために薬を持ってきてたから、なんとか生きました。

 

そんな状況で始めたヒッチハイクは40分ぐらい待ってたらでっかいトラックの運転手さんが乗せてくれました

 

もともとパイロットしてた方だそうです。かっこいい

 

私はこんなに大きなトラックに乗ったのは初めてだったから、そこから見える景色は興味深いものでした

滋賀SA到着 そしてヒッチハイク

琵琶湖が見渡せる、滋賀のSAでおろしてもらって少し休憩してからまたヒッチハイク再開

 

しばらくしたらちいさな女の子と赤ちゃん連れのお母さんが声をかけてくれました

 

そうたは助手席に、私は後部席で左に赤ちゃん、右に3さいの女の子という最高な癒しを感じながら最終目的地の名古屋まで。

 

私たちを乗せようと思った理由。

 

長距離運転で誰かしゃべり相手が欲しかったのと、子供相手してくれる人がいるのはラッキーっと思ったかららしいです

 

 

にしても、見知らぬカップルをよく信用してくれました(笑)

 

子供大好きな私は両隣の天使たちにたくさん旅の疲れを癒されました。

 

そして赤ちゃんをあやしながら私も一緒に寝ちゃってました(笑)

 

名古屋到着! 旅のまとめ

起きたらもう目的地まで到着していました

ってことは淡路島一周ヒッチハイク旅が幕を閉じました

 

私にとって初めてのヒッチハイク。

ワクワクしかなかった

 

どんな旅になるか、全く見当がつかなかったけど、今まで一人旅を多くしてきた私は今回二人になったというのがすごく心強くて、死にはしないだろうし、国内だから日本円もネットも使えるし、言語も日本語だし、貴重品とられる心配も外国ほどしなくていいし、、、、とか考えると怖いものなんてなかったです!

 

結果、めちゃめちゃ楽しかったし、こうやってちょっと長く一緒にいて初めて見えるお互いの素性だってあったし

 

人と会うのがすごく好きなのが再認識できたし

未知の世界に足を踏み入れて、そこで起きる目の前の出来事に注力して、私生きてる!!!っていうのを最大限に感じられるのが旅。

 

だから私、旅好きなんだ。って気づきました

 

そして今回一緒に旅したそうたとこれからも世界のいろんな景色を見ていきたいなっておもいました

 

4日間ありがとう、そうた

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。

淡路島一周ヒッチハイク旅 -完-

 

そうたからのコメント

お互いに旅は何度もしてるのに、2人での旅は初めて。2人で何かを乗り越えるってとても大切な経験だと思いました。

相手のことを良い部分も悪い部分も見れて、それを受け入れることができるからです。

好きな人と何かをやれることってとても幸せなことなんだなと思いました。

こうやって、関係が深くなっていくんだと体感しました!ありがとう!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です