【蛙化現象】恋愛ってめんどくて気持ち悪くなる

蛙化現象

こんにちは!!りおなです

 

注意
この記事はかなり尖った内容の記事です。一般的な恋愛観を持っている方、マイノリティの恋愛価値観を理解できない方は読まない事をお勧めします。そっと閉じてほかの記事をお読みください

 

みなさん、現象って聞いたことありますか??

 

蛙化現象とは?
好きだったはずの人に行為を抱かれると、気持ち悪いと思ってしまうこと

※蛙化現象の名前の由来:グリム童話の「カエルの王子様」から。カエルの姿となってしまった王子様が最終的には人間になる話。これを逆手にとって”蛙化現象”と呼ばれる

 

ネットで調べていると、カエル化現象で悩んでいる人ってけっこういます

 

でも、なかなか「私、カエル化現象なんだよねー」って大々的に言う人っていないですよね?

 

真剣に悩んでいる人ほど、この悩みは本当に信頼している人にしか打ち明けにくいんです

 

でもだいじょうぶ。心配しないで。

 

私も蛙化現象というものに頭を抱えていました。今は、彼氏がいるのですが、今でもたまにこれに似た現象になります

 

この記事では、

 

・私が蛙化現象で悩んでいた時の話と自分なりに考えた原因
・今の状況と悩み

 

の2つに絞って書いていきます

 

解決策がないじゃないか??って???

 

あえて書きません。それは、ほかのサイトを見ればたくさん書いてありますから

 

蛙化現象は女性に多い現象です。そして、女性は共感によって安心感を得られます

 

そう、このブログは自分だけが悩んでいるのではないと知ることで安心感を得ることを目的とします

 

なので、私の過去も赤裸々に醸します

 

あなただけが悩んでいるのではないんですよ。

 

同じように悩んでいる人の心の支えに少しでもなれたら、本当にうれしいです

 

ちと前置きが長くなりましたね、さっそくいきましょう

 

蛙化現象~私の過去と原因~

 

さて、一応知らない人のためにも書きますが蛙化現象って辛いのです。大げさに言えばみんなを敵にし、自分も傷つけます

 

だって

 

片思い

向こうも好意を抱いてくれる

ここでゴールインかと思いきや、突如好きな人が気持ち悪く見える

急に冷める

彼、傷つく

自分も申し訳ないと自覚あるからとても心が痛む&自分最低だと思う(but気持ち悪い)

友達に話しても「かわいそうw」と同じ悩みがない限り冗談と捉えられる

結局忘れるしかない

忘れる

新たな片思いのはじまり

この永遠ループです

 

とにかく病みます

 

悪いと自覚しているのに、そうなってしまうからです

 

もしかしたら、自分はLGBT(性的マイノリティ)の一種かもしれないと、LGBTQIAについてたくさん調べたこともありました

 

そんなこんなで、私は長くて3か月しか”好き”が続きませんでした

 

では、なぜ好きな相手が気持ち悪くみえてしまうのか??

 

私の場合を紹介します

 

小さいとき、男女差別が激しい環境にいた

 

私が小学生のころ、男女差別がすごくあったなというのを思い出しました

 

男子は男子、女子は女子でいるのが当たり前で男女混合でいることとかありえませんでした

 

薄れかけた私の小学生エピソードの中に、ひとつ強烈な記憶がありまして。

 

教室の席って、ひとりひとり決まってるじゃないですか。

 

ある日、休み時間に男の子が女の子の席に座って自分の友達とおしゃべりしていたんです。(そのとき女の子は自分の席を離れていましたよ)

 

すると、それを見た女の子は泣き出したのです

 

「汚い」と。

 

そしてその女の子の友達はその子を一生懸命かばうのですね。

 

最終的には席に座っていた男の子は泣いてしまいました(そりゃかわいそすぎるもんね(笑))

 

異性=菌 扱いでした(今思えばあほらしいけど(笑))

 

そこから、私の異性に対する嫌悪感のベースができあがったんですね。

 

環境のせいになしつけるのって、あまり好きではないのですが

 

環境が自分の価値観を作り上げるのに大きく左右するというのは事実です

 

というわけで一つ目は小さな時からの環境でした

 

片思いが一番楽しいから

 

片思いって一番楽しいですよね

 

あの人、どう思ってるのかなーとか、LINEの通知きた瞬間とか、目が合ったときとか。。。。

 

ちょっとした瞬間がすごくドキドキしてスリリングで楽しいです。

 

だからこそ、いざ「付き合おう」となったとき、冷静になってしまうんです。「彼氏を作る」をゴールとして恋愛をしない私は「付き合おう」となってもなんかそれは違うと思うのですね

 

わけわからないと思うでしょう?

 

でも”蛙化現象”はわけわからないものなんです

 

なんなら本人もわかりません

 

二番目は、片思いを恋愛の山場としているからでした

 

理想が高い

 

今の彼氏、たいしてかっこよくないのに理想が高いって矛盾してない?だって??

 

ほれ、まずは話を聞きなはれ。

 

理想が高い。

 

これはどういうことなのでしょうか?説明します

 

ヒトって、失敗する生き物ですよね

 

欠点があってあたりまえですよね

 

それは私も知っていて、友達や恋愛対象外の人の失敗や欠点はよっぽどでない限り受け入れられるのですが 好意を抱いている人の欠点となれば別なんです、、

 

いいとこばかり見ているので、失敗や欠点を少しでもみると少なからず冷めてしまいます(笑)

 

イメージとしては減点制で、相手への行為がどんどん低くなってある一定の度合いを超えるとすーーっと興味がなくなり気持ち悪くなってきます

 

友だちに話すと、「理想が高いんじゃない?」と言われます。ずっとそんなことはないとは思っていたのですが、たしかにこれは理想が高いからこそ起こりえることなんだと思いました

 

というわけで、3つめは理想が高いです

 

今の状況と悩み

 

私自身が、蛙化現象であった理由として、

 

・男女差別な幼少期

・片思いが楽しすぎるから

・理想が高いから

 

というのを挙げました

 

次に「今」をお話したいと思います

 

今、私はこのブログを一緒にやっている彼氏がいます

 

彼は、欠点だらけ&失敗だらけです(もちろんいい部分もたくさんあるのを前提で(笑))

 

でも、理想の高い私がなぜ彼を好きになったのか。。それは言葉では表現しきれないのですが、好きなのです。一緒にいて居心地が良い感じといいますか。。。

 

なんだ、良かったじゃんと思うかもしれないですが、よろしくないこともたまにありまして。。

 

奇跡的に(?)、彼のことはずっと「好き」ではあるのですが、たまに”彼氏”という存在が鬱陶しくなります

 

何が嫌なのかというと、たまに監視されてる感や束縛を感じるんです。これは離れている時に特に起こります

 

一般的な恋愛価値観から言うと、それは「包容力」「頼りがいのある」存在といえるのでしょう。

 

なので、実際には何も監視も束縛もありません

 

なぜ、こんな風に思ってしまうのか??

 

多分それは、私が彼のいない私生活彼と過ごす私生活を完全に切り離しているからかもしれないです

 

彼と一緒にいるときは鬱陶しいなんて思ったことないです。むしろ、彼に鬱陶しがられるほど絡みに行きます(笑) せっかく彼と一緒にいるのだから、共に過ごせる時間はケータイをなるべく控えて彼との会話を大事にします

 

しかし、彼と離れた生活は自分の私生活に焦点を置くようになるのです

 

自分のなすべきことや趣味、友達との遊びに没頭します

 

彼氏という存在とは長く続かなかった私にとっては、これが先天的な私の姿です

 

ですので、ここに彼氏という存在が入ることに少し違和感というか、嫌悪感というのがします

 

だから彼と離れている間のSNSでのやり取りなどはなるべく控えたくなります(テレビ電話は実際会ってるときのような記事体験ができるので好きですが(笑))

 

このように、彼といない間は彼のことは大好きではあるものの、自分の生活に没頭するのです。

 

ですが、これでしょっちゅう事件は起こります。。。(笑)

 

私があまりにも返信をしないので、LINEの催促をされます

 

すると、ここで過去の「蛙化現象」に似た現象が起こるんです

 

向こうから言い寄られると、さすがに気持ち悪いとまではいきませんが少しばかりかそれに似た感情になります(ここら辺の言語化が難しいです。絵で気持ちを書いたろうかな)

 

というわけで、今は蛙化現象は克服したはずだけどたまにそれに似た現象に陥るというのが結論となるのでしょうか。

 

まだまだ「愛してくれる人がいる(家族や友達を除く)」という現実に慣れない私は悩まされる日々が続きそうです。。。

 

 

おわりに

ここまで読んで、りおなってめんどくさいなと男性諸君は特に思うことでしょう。

 

私もそれは自覚しています。自分の恋愛がよくわかりません。

 

この世の中にはもっと、彼のことを素直に愛せる女性はたくさんいると思います

 

その中でも、彼は私がめんどくさいのも承知で好きになってくれました

 

「蛙化現象だったから。。。」という過去に頼らず、試行錯誤しなければいけないのは知っています

 

しかし、今はその方法が分かりません。

 

結論、まだまだ悩んでいるのですが、世の中ズバッと答えが出せないものって大半ですからね。

 

彼が私を好きでいてくれる限り、何年何十年かかろうと、少しずつ前進していけたらと思います

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございます

 

 

 

蛙化現象

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です